Mauritius | モーリシャス

マーケットガイド

マーケットガイド

輸入規制にオークションの評価点が3.5以上である事と明言されており、現地にて輸入許可書を得るときにオークション評価点が確認されます。

評価点が3.5を下回る車両は輸入許可が下りません。

2018年以前まではオークション評価点を改ざんして不正に輸入許可書を取得していた現地販売店がいましたが、2018年1月よりオークションシートのチェックを日本の中古車輸出協同組合(JUMVEA)が請け負うようになり粗悪な車両が輸入されることが減りました。

輸入規制

  • 車両のオークション等級が3.5以上であること
  • 普通自動車は登録年月日が18ヶ月から4年
  • 貨物車量は登録年月日が6年以下
  • バンは登録年月日が4年以下
  • バスは3年以下
  • 輸出前検査が必要

オークションの評価点が3.5以上でないと現地の輸入許可が下りないという変わった基準があります。
他国の輸入規制にはない大変ユニークな規制です。

基礎データ

面積

2,045平方キロメートル(ほぼ東京都大)

首都

ポートルイス(Port Louis)

時差

ポートルイス :-5時間

言語

公用語は英語。日常会話にはフランス語、クレオール語が使われている。

人口

126.5万人(2018年、世銀)

政治体制

共和制(1992年3月12日移行)

民族構成

インド系(印僑)が68%、アフリカ系と白人の混血によるクレオールが27%、華人が3%、フランス系が2%

宗教

モーリシャスは公的に世俗的政府であると定められており、信教の自由は憲法に明記されている[50]。このこともあって、多様な宗教が共存する国である。モーリシャス人の信仰は、ヒンドゥー教が52%、キリスト教が28.3%(ローマ・カトリックが26%、プロテスタントが2.3%)、イスラム教が16.6%、その他3.1%である。なお、アフリカ諸国の中でヒンドゥー教が多数を占める国はモーリシャスのみである。

通貨と為替レート

通貨の単位はモーリシャスルピー(Rs)。補助単位はセント(cs)
1Rsは約3.2円(2013.6月現在)
プレザンス空港の空港内にある銀行は飛行機の発着に合わせて営業しているので、日本円からルピーにて両替することが出来る。市内の銀行やほとんどのホテルで日本円からの両替が可能。両替の際に受け取るレシートは必ず保管しておくこと。帰国時に余ったルピーを日本円などの外貨に再両替する際に必要となります。ルピーは日本では両替することが出来ない。

ビジネストリップ

ビザ

日本国籍の場合合、有効期限内のパスポート(残存6ヶ月+滞在日数が必要)と復路の航空券(eチケット)を所持していれば3ヶ月以内に限り不要。

日本からのフライト時間

エアーモーリシャス航空が、香港~モーリシャス間(約10時間/往路:火・土曜日/復路:火・木・日)、シンガポール~モーリシャス間(約9時間/往路:火曜日/復路:月曜日)、クアラルンプール~モーリシャス間(約7時間/往路:火・土曜日/月・金曜日)就航している。
成田、羽田、関西、名古屋、福岡等から乗継ぎが可能。
また、エミレイツ航空が成田/羽田/関空からドバイ経由でモーリシャスまで毎日就航している。
(日本~ドバイ:約11時間,ドバイ~モーリシャス:約6時間半)

大使館

【日本大使館】
Mauritius
Embassy of Japan
Level 6, Tower C, 1 Cybercity, Ebene, 72201 Mauritius
電話:+230-460-2200
FAX:+230-468-6612
https://www.mu.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

治安・トラブル

観光政策の一環として治安対策にも力を入れています。島全体としてリゾート地として整備されている地域が多いので、 アフリカの中でもかなり治安の良いところですがスリや引ったくりなど外国人を狙った犯罪が報告されています。

モーリシャスで人気の車両

  • Toyota AQUA
  • Honda Civic
  • Toyota Land Cruiser Prado
  • Toyota Supra
  • Toyota Vitz
  • Toyota Prius
  • BMW 3 Series
  • Toyota Hiace Van
  • Mercedes-Benz C-Class
  • Honda VEZEL

モーリシャス向け中古車輸出台数統計

モーリシャス輸出台数

モーリシャス輸出平均FOB価格

もっとモーリシャスの過去の数字を知りたい方はこちらから

気になる情報いろいろ

Copied title and URL