Fiji | フィジー

マーケットガイド

マーケットガイド

フィジーでは自動車の台数が急速に増え自動車社会が進む一方リサイクル市場の発達が不十分なため廃棄された自動車が放置され環境への悪影響が深刻化しています。
観光地の景観が廃棄車両で損なわれており、放置自動車の問題解決は観光産業が主軸のフィジーにとっては死活問題となっています。

フィジーに最初に人が住み始めたのは、紀元前1300年頃とされている。東南アジアから移り住んできたといわれる当時の人々は、フィジーへ渡ってくる途中、ニューギニア方面の先住民族(オーストラロイド)との混血を繰り返したものと思われる。ただ、この当時フィジーに住んでいたのは、現在ニューカレドニアに住んでいるメラネシア人と同じとされ、メラネシア、ポリネシアの混血とされる現在のフィジー民族は、その後に形成されたものと推測される。

輸入規制

  • ハンドル規制:左ハンドル輸入禁止
  • 輸出前検査:JEVIC
  • 中古のハイブリッド車=年式規制5年
  • 中古の乗用ガソリン車(EURO4適合なら)=年式規制撤廃

フィジーに中古車を輸入するにはJEVICの船積み前査定に合格する必要があります。
JEVICはフィジーの陸運局(Land Transport Authority)に指名された検査機関で、この会社の検査に合格しなければフィジーに車を輸入することはできません。
JEVICはフィジーから要求された安全基準と環境基準を満たしているかを検査します。検査は2016年8月15日以降にフィジーに入国する車両全てが対象になりました。
検査は指定された場所に車両を持ち込んで行われます

川崎 / 横浜 東扇島、大黒ふ頭
名古屋 金城ふ頭、稲永
大阪 助松ふ頭、汐見ふ頭、フェニックス
神戸 六甲アイランド
門司 門司港

基礎データ

面積

1万8270km2(四国とほぼ同じ大きさ)

首都

スバ Suva

時差

スバ:3時間

言語

英語,フィジー語,ヒンディー語

人口

約88万4887人(2017年)
フィジー系57%、インド系38%、そのほか5%

政治体制

共和制。2院制で、大統領の任期は5年

民族構成

フィジー系57%、インド系38%、そのほか5%

宗教

フィジー系住民のほとんどは熱心なキリスト教徒。インド系住民はヒンドゥー教徒、イスラム教徒など。ごく少数だが中国系の仏教徒もいる。

通貨と為替レート

通貨単位はフィジー・ドル(F$)。補助単位はフィジー・セント(F¢)で、100フィジー・セントが1フィジー・ドル。
2018年5月18日現在、F$1=約53円。
紙幣はF$100、F$50、F$20、F$10、F$5。
硬貨はF$2、F$1、F¢50、F¢20、F¢10、F¢5。

ビジネストリップ

ビザ

【ビザ】日本国パスポート保持者は、観光目的の4ヵ月以内の滞在であればビザは不要。

【パスポート】フィジー入国日から滞在日数+6ヵ月以上有効なパスポートが必要。

【出国税】あらかじめエアチケットに含まれているので、空港で支払う必要はない。

日本からのフライト時間

2018年7月より、フィジーエアウェイズが直行便を就航。成田~ナンディ間を週3便、約9時間で結んでいる。経由便だと13時間~。

大使館

【日本大使館】
Embassy of Japan
住所:Level 2, BSP Life Centre, Thomson Street, Suva, Fiji
(G.P.O. Box 13045)
電話:(679) 3304633
Fax:(679) 3302984
http://www.fj.emb-japan.go.jp/JapaneseVersion/index_j.html

【在日フィジー大使館】
Embassy of the Republic of Fiji in Japan
住所:〒106-0041 東京都港区麻布台2丁目3-5 ノア・ビルディング14階
電話:03-3587-2038
http://fijiembassy.jp/

治安・トラブル

2018年4月現在、外務省はフィジー全土に対して「十分注意してください」という海外危険情報を発出している。スバなどにおいては危険レベルが引き下げになったものの、やはり注意は必要だ。特に注意すべきはナンディとスバ。
ナンディでは、日本人留学生などを狙った犯罪が多発している。サトウキビ収穫用のナタで切り付けられた、タクシーを降りたところで強盗にあったなど、旅行者も油断のできない事件が発生しているので十分気を付けよう。特に夜に出歩くのは非常に危険。昼間はのんびりとした町でも、夜になると突然危険な雰囲気に変わってしまう。女性は昼間でもひとりで出歩くことをできるだけ避けるようにしたい。
スバは、フィジーで最も注意の必要な町。スリや置き引き、強盗などが発生している。夜間の出歩きは極力避けよう。
【緊急時の連絡先】警察・消防・救急車の総合窓口911、910、防犯相談所917、919、日本大使館3304633

【インターネット】ナンディ、スバ、ラウトカなどの主要な町にインターネットカフェがある。料金は1時間F$1~3程度。日本語を読めるところは多いが、打てる店は少ない。Wi-Fiは、アジアなどに比べ普及が遅れている。中級以上のホテルはWi-Fiを整備しているが、ほとんどが有料。安宿はWi-Fiを整備していないところも多い。

フィジーで人気の車両

  • Toyota Wish
  • Toyota Corolla Fielder
  • BMW 3 Series
  • Mercedes-Benz E-Class
  • BMW 5 Series
  • Toyota Vanguard
  • Mercedes-Benz S-Class
  • Nissan Teana
  • BMW 7 Series
  • Toyota Hilux Surf

フィジー向け中古車輸出台数統計

フィジー輸出台数

フィジー輸出平均FOB価格

もっとフィジーの過去の数字を知りたい方はこちらから

気になる情報いろいろ

Copied title and URL