Sri Lanka | スリランカ

マーケットガイド

マーケットガイド

スリランカの輸出ルールはコロコロ変わりルールの施行が日本のように一定の期間を置くことなく即日施行されるのでアンテナ常に張っている必要があります。
関税が優遇されている車両に人気があつまる傾向があり輸出ルールが変わる度に人気の車両も変わっていきます。輸出車両は高年式の高額車両が多くを占めるので在庫販売には向かない国です。
支払いはL/C決済のみで銀行に提出する書類にディスクレがあると現地の銀行がB/Lを買い取らず訂正にはペナルティーが科せられます。書類作成には細心の注意が必要です。

スリランカのハンバントタ港が2017年7月より99年間にわたり中国国有企業・招商局港口にリースされることが決まった。このハンバントタ港をめぐる決定は中国による「債務の罠」の典型例です。インフラ建設などを行うために中国からふんだんに融資を受けたが施設が十分な利益を生むことはなく、借金だけが膨らみ、返済不能になり施設や土地を中国に明け渡す典型例です。中国は怖いよ

輸入規制

  • ハンドル規制:左ハンドル輸入禁止
  • 輸出前検査:JAAI、JEVIC、BIVAC(ビューロベリタス)
  • 乗用車:初年度登録から3年以内
  • 小型商用車:初年度登録から4年以内
  • 大型商用車:初年度登録から5年以内

規制が一晩で変わることもあります。ルールが変更されると車のトレンドが変わるので現地の政治にも関心を持つ必要があります。輸出に必要な書類の用意も他の国と比べると多そうで手間の掛かるマーケットですので新参者にはハードルが高いでしょう。

基礎データ

面積

6万5610km2 北海道の約0.8倍

首都

スリー・ジャヤワルダナプラ[コーッテ]
Sri Jayawardenepura[Kotte]

時差

コロンボ:-3.5時間

言語

英語,シンハラ語,タミル語

人口

約2103万人(2016年)
シンハラ人74.9%、タミル人15.3%、スリランカ・ムスリム人9.3%(一部地域を除く)

政治体制

共和制

民族構成

シンハラ人74.9%、タミル人15.3%、スリランカ・ムスリム人9.3%(一部地域を除く)

宗教

仏教70.1%、ヒンドゥー教12.6%、イスラム教9.7%、キリスト教7.6%

通貨と為替レート

通貨単位はスリランカ・ルピー。一般に1ルピーに関してはRe.、それ以外はRs.と略すが、本サイトではすべてRs.で表記。また、補助単位はスリランカ・セントで、Cts.(1セントに関してはCt.)と略すが、現在ではこの単位を使用することはほとんどない。
Rs.1=Cts.100で、2019年11月18日現在、Rs.1=約0.6円。
【紙幣の種類】
Rs.5000、2000、1000、500、200、100、50、20、10、5、2(Rs.5とRs.2はほとんど流通していない)。
【貨幣の種類】
Rs.10、5、2、1。Cts.50、25(Cts.50以下はほとんど流通していない)。

ビジネストリップ

ビザ

スリランカに入国するにはビザが必要。ビザは出発前のほか、到着時でも申請できる。申請にはパスポートの残存有効期限が入国時に6ヶ月以上あることと、復路の航空券の予約が確定していることが条件。

日本からのフライト時間

スリランカ航空が成田から直行便(モルディブのマーレ経由)を週4便運航している。所要時間は約13時間。そのほか、アジア各地で乗り継ぎができる航空会社として、キャセイパシフィック航空、タイ国際航空、シンガポール航空、マレーシア航空、大韓航空、エアアジアXなどが挙げられる。

大使館

【日本大使館】
Embassy of Japan
住所:No. 20, Srimath R.G.Senanayake Mawatha, Colombo 7, Democratic Socialist Republic of Sri Lanka
(P.O. Box 822 Colombo)
電話:(94-11)2693831~3
Fax:(94-11)2698629
http://www.lk.emb-japan.go.jp/indexjp.html

【在日スリランカ大使館】
Embassy of the Democratic Socialist Republic of Sri Lanka in Japan
住所:〒108-0074 東京都港区高輪2丁目1-54
電話:03-3440-6911、03-3440-6912
FAX:03-3440-6914
http://www.slembassyjapan.org/

治安・トラブル

【安全情報】2019年8月現在、スリランカ全域に「十分注意してください」という危険情報が、日本の外務省から発出されている。2009年5月、スリランカ政府軍と、反政府組織「タミル・イーラム解放の虎(LTTE)」との内戦が終結し、それ以後はLTTE残党によるテロなどは発生していないものの、2019年4月、国内のイスラム過激派組織(NTJ(ナショナル・ダウヒード・ジャマート)やJMI(ジャマティ・ミラットゥ・イブラム))から派生したグループによる同時爆破テロ事件が起きている。事件後にモスクやイスラム教徒の商店等に対する放火・襲撃事件が発生しており、さらなる宗教・コミュニティ間対立の懸念がある。事前に最新情報を確認のこと。

【トラブル】スリランカは仏教徒、ヒンドゥー教徒、イスラム教徒を問わず、敬虔な人が多いので、マナーには十分気を付ける必要がある。例えば2006年から、公共の場での喫煙が禁止され、違反すると罰金をとられる。また、仏教遺跡観光の際にも、いろいろと気を付けることがあるので要注意。
食堂や最低クラスの安宿でなければ、多くのホテルやレストランでWi-Fiが整備されており、通信速度も遅くはない。料金も無料で利用できるところがほとんど。またSIMカードを購入すれば、ホテルやレストラン以外でもインターネットが使用できて便利。

スリランカで人気の車両

  • Toyota Premio
  • Suzuki Wagon R
  • Nissan Note
  • Nissan DAYZ
  • Toyota Land Cruiser Prado
  • Toyota Yaris
  • Toyota Vitz
  • Suzuki Every Wagon
  • Toyota Allion
  • Volkswagen Touran

スリランカ向け中古車輸出台数統計

スリランカ輸出台数

スリランカ輸出平均FOB価格

もっとスリランカの過去の数字を知りたい方はこちらから

気になる情報いろいろ

タイトルとURLをコピーしました